小児オステオパシーによるオステオヘルス・ブログのロゴ。
オステオヘルスブログ

Die osteopathische Manipulationstherapie (OMT) verbessert die Funktion der unteren Extremität bei jungen Profifußballern

Zwei Männer spielen Fußball auf einem Feld und werden in Hamburg osteopathisch behandelt.
Die osteopathische Manipulationstherapie (OMT) verbessert die Funktion der unteren Extremität bei jungen Profifußballern

Eine kürzlich erschienene randomisierte kontrollierte Studie (RCT) untersuchte das Potenzial von OMT Verletzungen der unteren Extremität (insbesondere Zerrungen der Kniesehnen und Bandverletzungen) bei jungen Profifußballern zu verhindern. 

 

Wen die genauen Daten interessieren:

 

Methodik:

Insgesamt nahmen 38 junge (Durchschnittsalter 17,8±0,44 Jahre) männliche Profifußballer an der Studie teil, welche nach dem Zufallsprinzip in eine OMT (n=20)- oder Kontrollgruppe (n=18) randomisiert wurden. Zum Baselinezeitpunkt wurden beide Gruppen osteopathisch untersucht. Außerdem wurden ein Sitz- und Reach-Test, ein Vertikalsprungtest, ein Hand-Griffkrafttest und ein Range-of-Motion-Test der Halswirbelsäule sowie eine Gleichgewichtsbewertung durchgeführt.

 

Ergebnisse:

In der OMT-Gruppe kam es zu einer signifikanten Verbesserung aller Funktionsstörungen sowie bei der dysfunktionalen Bewertung der Pivotpunkte (bei L3 und C2). Zudem wurde über eine Interaktion zwischen Zeit und Gruppe bei der Sitz- und Greifmessung zugunsten der OMT-Gruppe berichtet. Weiterhin kam es zu einer Verbesserung des statischen Gleichgewichts mit offenen Augen in der OMT-Gruppe.

 

Schlussfolgerung: 

Eine osteopathische Behandlung der Pivotpunkte konnte bei Profifußballspielern das Maß für Sit-and-Reach erhöhen, die Haltungskontrolle mit offenen Augen sowie dysfunktionale Muster der lumbosakralen und oberen Halswirbelsäule verbessern. Somit könnte OMT als präventive Behandlung für Fußballspieler eingesetzt werden (Thomas et al. 2022).

Thomas E, Petrucci M, Barretti M, et al. Effects of osteopathic manipulative treatment of the pivots on lower limb function in young professional football players. J Bodyw Mov Ther. Published online 2022

Osteopathic manipulative therapy (OMT) improves lower limb function in young professional footballers

A recent randomised controlled trial (RCT) investigated the potential of OMT to prevent lower limb injuries (specifically hamstring strains and ligament injuries) in young professional footballers. 

 

Who is interested in the exact data:

 

Methodology:

A total of 38 young (mean age 17.8±0.44 years) male professional footballers participated in the study, who were randomly assigned to an OMT (n=20) or control (n=18) group. At baseline, both groups underwent osteopathic examination. A sit and reach test, vertical jump test, hand grip strength test and range-of-motion test of the cervical spine and balance assessment were also performed.

 

Results:

In the OMT group, there was a significant improvement in all dysfunctions as well as in the dysfunctional assessment of the pivot points (at L3 and C2). In addition, an interaction between time and group was reported in favour of the OMT group in sitting and reaching measurements. Furthermore, there was an improvement in static balance with eyes open in the OMT group.

 

Conclusion: 

Osteopathic treatment of the pivot points was able to increase the measure of sit-and-reach, improve open-eye postural control and dysfunctional patterns of the lumbosacral and upper cervical spine in professional football players. Thus, OMT could be used as a preventive treatment for football players (Thomas et al. 2022).

Thomas E, Petrucci M, Barretti M, et al. Effects of osteopathic manipulative treatment of the pivots on lower limb function in young professional football players. J Bodyw Mov Ther. Published online 2022

デスクワークのフィットネス:座りっぱなしのジレンマに立ち向かう簡単エクササイズ

最新のブログ記事では、毎日のオフィスライフのために特別にデザインされた、シンプルで効果的なバランス・エクササイズをご紹介しています。デスクを離れることなく、短時間の運動で腰痛を予防し、代謝を高め、集中力を高める方法をご紹介します。これらの実用的なヒントは、座りっぱなしの仕事にもかかわらず、活動的で健康的な状態を維持するのに役立ちます。

記事を読む

ストレスに震える - 自己啓発ビデオを含む

最新のブログ記事で、2つのユニークなリラクゼーション・テクニックをご覧ください:「横になって筋肉の震え」と「立って筋肉の震え」。これらのビデオでは、自宅でできる簡単なエクササイズを通して、筋肉の緊張をほぐし、体を若返らせる方法を紹介しています。リラクゼーションやマインドフルネスのための効果的な方法をお探しの方に最適です。ビデオを見て、これらのテクニックの利点についてもっと知ってください!

記事を読む

命日 - ヴィオラ・フライマン博士

本日、私の師であるヴィオラ・M・フライマンD.O.の命日を記念して、彼女が2008年にクリストフ・プロテと私による小児オステオパシーの本の序文として書いた、感動的な序文を公開します。彼女は、学際的な専門家を集める専門知識を持っていました。フランク・ウィラード博士、ピーター・スプリングオール博士(神経学者)、クロード・ヴァレンティ博士(眼科医)、ユーリ・モスカレンコ博士が、ヴィオラ・フライマン氏の実践的な指導内容を補完してくれました。 

彼女はインスピレーションとエネルギーに満ちていた。散歩中、彼女の会話について行くのに必死だったことを今でもよく覚えている。

記事を読む

オステオパス・ハンブルク - 不満に対する効果的な治療法

オステオパシーは、不定愁訴の原因を特定し治療することを目的としたホリスティックな治療法です。手技は緊張をほぐし、可動性を向上させ、幸福感を高めるために用いられる。オステオパシーは人々を身体、心、魂の統合体として扱い、症状を緩和するだけでなく、予防効果も目指します。腰痛や頭痛などの一般的な不定愁訴は、オステオパシー治療によって効果的に緩和することができます。資格のあるオステオパスを選ぶことが、治療の成功には欠かせません。

記事を読む

疼痛患者の生活をよりよく理解するために、新しい用語が必要なのだろうか?

ハンブルクのオステオパスとして、私は毎日、痛みと闘っている人々に出会っている。痛みは、純粋に肉体的なものをはるかに超えた、複雑で深遠な体験である。セルフ・エフィカシー(自己効力感)、痛みに関連した不安、いわゆるカタストロフィー化といったこれまでの概念は、こうした経験を捉えようとするものだが、痛み患者の現実を単純化しすぎていることが多い。

記事を読む

その他の記事

Entdecke, wie du mit Dips, einer einfachen, aber kraftvollen Übung, deinen Oberkörper stärken kannst – ganz bequem von zu Hause aus. Inkl. Video. ...
最新のブログ記事では、毎日のオフィスライフのために特別にデザインされた、シンプルで効果的なバランス・エクササイズをご紹介します。短時間の休憩で腰痛を予防する方法をご紹介します。
最新のブログ記事「横になっての筋肉の震え」と「立っての筋肉の震え」で、2つのユニークなリラクゼーション・テクニックを発見しよう。これらのビデオでは、簡単なエクササイズがどのように筋肉の震えを和らげるかを紹介しています。
オステオヘルス・ニュースレター

ニュースレターを購読する

健康に関するビデオ、ポッドキャスト、記事を掲載したニュースレターを定期的に配信しています。
jaJapanese